2019年5月16日

NRT-HND/-BOS/-NRT (9) - 渡航前準備

G.W.で、色々溜まっていた仕事の処理に追われる中、今週末は久しぶりにUSへ飛ばねばならず、仕事をとるか甥っ子をとるかのジレンマに(嘘)。いよいよ出発前となり、よくよく考えたら10ヶ月振りのUSへのフライトなわけで、わくわくしながら旅行の準備をする今週(笑)。

まずは、先日予約したAmexの宅配サービスがキャリーバッグを受取に来るので、その準備をしないといけません。今回は甥っ子の結婚氏で、当日の服装指定があるんですよね。上は送られてきたアロハシャツ(多分親族で同じデザイン?)、下は白のパンツで靴は特に指定無しですが、黒か茶色の革靴系と言う「要望」。靴は、以前から使っている焦げ茶色ののトップサイダーのデッキシューズが有るので、この写真を送って「OK」取得済み。去年の秋に仕舞い込んだままなので、先週末に靴箱から取りだして陰干ししてから、クリーナーで汚れを落としてからたっぷりとミンクオイルを刷り込んで起きました。で、困ったのが「白のパンツ」。白のスラックスやジーンズにしても、そんな汚れが目立ちそうな物持っているわけ無いので、今回新規に探したんですが、自宅近くのイオンモールに入っている無印良品等の衣料品系の店舗には無し。で、Google先生で検索すると、UNIQLOには有るみたいなんですが、暫く前にUNIQLOはイオンモールから移転してしまって今は近場には無いんですよね。ただ、月曜日に会社でミーティングがあるため朝から横浜のオフィスに出る用事があったため、帰りの新幹線を新横浜駅で待つ間に、駅ビルには行っているUNIQLOに行ってみるとBingo! 何とか入手に成功しました。事前に準備した、アロハ、白のスラックス、デッキシューズを忘れずに入れて、それ以外の着替えなどを入れれば、ほぼ自分の準備は完了。実際に入れてみたら、男の一人旅ですからそんなに荷物が有るわけでも無く、キャリーバッグはスカスカ。でも、今回は少しジーンズや衣類の買い物をしてくる予定なので、大きな紙袋も一つ入れておきました。で、水曜日のお昼前にクロネコさんがやってきて、このキャリーバッグを成田空港へドナドナしていってくれました。

次の準備は通信手段。最近ではUSで使えるPrepaid SIMの種類も増えてきて以前ほどは困らなくなってきました。最初価格だけで「mostsim」を選ぼうと思ったんですが、回線がT-Mobileでちょっと不安が心配(?)だったのと、コメントを見ていたら、電話番号がUberで使えなかったという書込があり、それが一寸困る。で、前回はKDDI系のh2oのSIMを利用して、この時Uber/Lftyも問題無く呼び出して利用出来たので、今回もh2oの30日開通済みのSIMを使うことにしました。火曜日のお昼前にAmazonで発注したら、翌日水曜日の朝一くらいに、こちらもクロネコさんのメール便で届きました。早速、自分のiPhone8にSIMを入れて、AT&Tとして認識されていることを確認。次に、日本の代理店のサイトにアクセスして、開通手続きを実行。開通してから30日のカウントダウンが始まりますが、今回は直ぐなので当日開通で設定すると、5分位で電話番号がアサインされた旨のメールが届きました。APNの設定をしないといけないので、これは金曜日の夜、成田空港のANAのラウンジで忘れないように設定しないと。SIMを入れ替えて、今のIIJmioのAPNを削除して、AT&TのAPNをWi-Fi経由でダウンロード。後は現地でPower-ONすれば、そのまま繋がるはずですが。前回は、開通作業を現地でやったので、少しドタバタしましたが、今回はスムースに行きたいところです。

最後は、現地到着後の移動手段。予定通りなら、お昼前に到着するはずで、さらに一人旅ですから、現地でもどうにでもなるんですが、まぁ足の確保だけはしておきましょうと検索して、空港からホテルへのシャトルバスを探します。H.I.S.のサービスが通常US$17ですが期間割引でUS$16。現地のロバーツハワイがUS$17。どっちも同じような感じで、場合によってはH.I.S.もロバーツに委託しているんだろうなぁと思いつつ、前回はロバーツだったので今回はH.I.S.を試しに使ってみることにしました。必要事項を入力して送信すると、直ぐに確認メールが届き、予約は確定。予約したバウチャーが当日必要なので、PDFに落としておいて後で印刷しないと。機内持ち込みするリュックには、パスポートからPC用のACアダプター等を入れて置いて、取りあえず一回目のパッキングは完了。後は、金曜日に仕事に行って、早めに退社して空港に向かうだけです(笑)。(続く...)

0 件のコメント:

コメントを投稿