2018年7月18日

Sheraton Suites O'Hare Airport

SPG系列19滞在目は、前日に続いてSheraton Suites系列のホテル。前日はInn系の建物だったけれど、こちらは室内の中庭(アトリウム)をぐるっと取り囲む形の建物で、Double TreeかEmbassy Suitesを思わせる構造です。そう言えば、最初に宿泊したSypress Creekもそんな感じでした。

で、初日の深夜、もう00:00どころか01:00とか02:00頃になっても、アトリウムで騒いでいる奴らが... 声の質から、そんなに年齢的に変わらない印象なんですけどね。もう、それで眠れなくて朝までモンモンとしていました(笑)。

前日のオーランドのホテルもそうですが、向こうもこちらも多分建てられたのは私が初めてアメリカ出張をした30年位まえじゃないかなぁ。雰囲気が、その時に最初に宿泊したEmbassy Suitesそっくりだし、多少はリノベーションして居るけれど、電気のスイッチなんかレバーを上げ下げしてON/OFFするスイッチだし。デスクサイドにACとUSBの電源供給があったり、テレビがフラットテレビになっていたり、それなりに更新されているみたいなんだけど、流石に建物全体の電源回路とかまで弄るのは大変なんでしょうね。

ちょっとビックリしたのは、ここのクラブラウンジ。スイーツ2部屋を繋げた広さで、そんなに広くは無いんですが、コーヒーメーカーが2台に、ジュースサーバー、朝はフルーツにヨーグルトに、ホットミールもスクランブルエッグとベーコンにソーセージとちゃんと揃っている。夜も、ベジスティックにホットミールもあるし、アルコールもワインとか置いてあるし。で、24時間オープンで、アメリカのホテルのラウンジとしては、出来すぎの印象すら有ります。日本とかアジアのホテルラウンジには敵いませんが、アメリカ国内のラウンジとしては、かなり医院じゃ無いでしょうか。唯一の難点は、シャトルサービスは有るけれど、空港からちょっと距離というか時間が掛かることでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿