2019年5月23日

NRT-HND/-BOS/-NRT (14) - 帰国日

今回の旅行も、早くも帰国日。朝の6:00にチェックアウトをして出るつもりでしたから、目覚ましを05:00にセットして寝たんですが、結局いつも同様寝付けなくて、明け方の03:00頃には目が覚めてしまいました。仕事のメール処理などをして少し時間を潰し、朝の06:00少し前にチェックアウトをしました。「チェックアウト」と言っても、手元のHHORNORアプリで、"Check Out Now"のボタンをクリックするだけなんですが。

ホテルから空港のターミナルAまでは徒歩移動し、そこからターミナルBまでは空港内のシャトルを利用。相当の混雑を覚悟していたんですが、UAのカウンターも保安検査場もそんなに混雑しておらず15分程で通過出来ました。その後、何はともあれUnited Clubへ移動して一息つき、ホテルの続きで仕事のメールを処理したところで、丁度ORD行きの出発時刻近くになりました。

ORD行きの出発ゲートは、ゲートB30と、United Clubからは保安検査場を挟んで反対側とちょっと距離があるところ。しかも、そちら側はリノベーションの真っ最中で通路もせまくなっているところに、結構な人が搭乗待ちをしています。予定通り搭乗開始となり、機内に入ると、使用機材はB737-800でシートは以前の古いタイプでした。ORDまでの2時間半を、ぎりぎり耐えられるかどうかという感じでしょうか。

ほぼ24時間の滞在だったBOSを離陸して離れると、一路ORDを目指します。機内では朝食を一寸頂き、後は寝て行こうと思ったものの、何故かシート内蔵テレビで放送されていた「AQUAMAN」を無音生でずっと見ていました(笑)。ORDには定刻よりも10分近く早くアプローチし始めたんですが、空港混雑のためか10分以上上空待機となり、着陸したのは定刻よりも遅め。ゲートインしたのが、ゲートB9なので、次のNRT行きNH011便が出発するゲートC10まで、あの地下の通路を移動です。

そんなに滞在できないことは分かっていたのですが、折角なのでPolaris Loungeに入り、トイレを借りて少し飲み物で喉を湿らせます。先日入ったAmex Centurion Loungeよりも、やはり広くて開放感があり、食事や飲み物類も同等以上ですよね。個人の旅行客(=ビジネスパーソン)を想定しているのか、一人用の席が多いのが、個人的には高感度高しです。本当はゆっくり1時間くらい待ったりしていたいんですが、の次時間は実質30分も無い状態なので、席を温める暇も無くゲートC10に向かいました。

成田行きNH011便が出るゲートC10前には、既に搭乗客が集まって居て、それぞれのグループ札の前には列が出来ていたんですが、何故か「First/Diamond」には誰もおらず、私が先頭に。しかも、事前改札が始まる前に搭乗開始となり、いの一番に乗り込むことになってしまいました。

日本人が多いためか、定刻の5分位前にはドアクローズとなり、プッシュバック開始は定刻くらい。ただ、ここから誘導路を移動して離陸するまでの間に待機時間が有ったりして少し時間が掛かりましたが、離陸したのは11:40位でしょうか。この時点でフライト時間は11時間40分位という表示だったので、成田にはかなり早着出来そうです。

水平飛行に入り、暫くしてから飲み物と食事の配布が始まり、ワインと洋食のコースを軽く飲み食いして、まずは辺に早朝から起きていて体調も悪かったので、直ぐに寝ることにしました。目が覚めたのは、丁度半分くらい来たところで、成田まで6時間位の所。ここからは、日本の時間帯に合わせてビデオを見たり、パソコンで資料作りをしたりして時間を潰します。途中、向かい風が強かったのか、成田の時間調整なのか、13:30到着予定が13:45位まで送れましたが、定刻は14:20なので文句は言えません。空港手前で一寸蛇行のようにして、時間調整をして、無事にA滑走路RW34Lに着陸したのが13:45頃で4サテの43番ゲートに入ったのが、13:50頃でした。4サテって、入国審査場に一番遠いんですよね... 結構歩いて、顔認証ゲートであっと言う間に入国出来ましたが、この後荷物が出てくるのが遅くて、外に出たのは14:20過ぎでした。

往路同様、JAL ABCのAmex宅配サービスでキャリーバッグを自宅に送り、後は身軽な状態でいつものようにN'EX、新幹線と乗り継いで帰宅。今回も無事に旅行が終わりました。今の所、次回の旅程は決まっていないのだけれど、AMC Diamond用にSYDに行ってみるか、あるいは大谷選手を見にLAXへ行ってみるか、ちょっと悩んでいます。ただ、毎度のことですが、帰国した途端に「あぁ、また飛びたい」と思うのは、もう病気ですね(笑)。()

0 件のコメント:

コメントを投稿