2018年12月23日

HND-SIN/-HND (3) - フライト&到着

ほぼ定刻通りに出発したNH841便は、追い風の影響かフライトタイムは6時間40分位で到着予定時刻の17:30よりも早く17:10頃の到着予定という機長のアナウンスがありました。水平飛行に入り暫くしてドリンクサービスが始まり、白ワインのピノグリをいただきながらまったりと過ごします。実は、朝起きたときに昨日のお酒が少し残っていて、「今日は機内では禁酒にしよう」と思っていたのですが、まぁ現金なものです。

ドリンクサービスに続いて食事が始まります。中距離路線ですから、そんなに対してものが出るわけでは無いけれど(失礼)、前菜は白ワインで、主菜は赤ワインで美味しそうなものがメニューに有ったので、ステーキをお願いしました。前菜は、どうも苦手なサーモンがさらに苦手な感じで盛り合わせてあったので、サーモンには殆ど手を付けずに、そのしたに有ったフルーツ(何だか忘れた)とバゲットを肴にワインを頂き、メインのお肉は、肉自体はそんなに悪くなかったのですが、ソースがカレー風味で何かカレーライスを食べているような何というか、ステーキを食べている感じがしなくて、これはソースが悪かったなぁ... ワインは美味しかったですけど。で、食事の後は着陸直前までシートを倒して寝て過ごしました。

やはり追い風が強かったのは、エアショーを見ると16:50頃到着予定とか出ています。で、着陸態勢に入り残り20分を切ろうかと言うときに、急に残り時間が30分に変わります。それと同時に、機種が左旋回して後戻りするような経路を始めてしまいます。多分、混雑していたのかゲートの空き待ちなのか、時間調整なんでしょうね。反時計回りに一回転をすると空港の南側を通り過ぎて今度は右旋回をして空港に向かいます。着陸したのは、真ん中のRW02Cの滑走路で、そのまま左に抜けると目の前がT2のビル。さらに到着ゲートはF33と殆ど目の前でした。ゲートインしたのが17:10過ぎでしたから、それでも20分近くの装着になります。ただ、この時の操縦士さんが慣れていないのか、地面に書かれているガイドラインをかなり外れてから機体が左にカーブをして、本来の停車位置からずれた場所に停止したんじゃ無いかという雰囲気。その為か、ジェットウェイの接続に妙に時間が掛かり、機内で待たされました。

入国審査場は、丁度入国のタイミングの間だったのか、数人の待ち行列で通過。前のヨーロッパ系と思われる数名の審査に時間が掛かり「この係員は厳しいのか」と身構えましたが、私は名前の確認をされただけで、直ぐにスタンプを押してもらい無事に入国。前回の8月の訪問以来今年3回目のSingapore訪問です。入国したのが17:30頃でまだ外は明るかったんですが、ここからSMRTでホテルまで移動するのも面倒なので、タクシーで移動することに。こちらも待ち行列無く、直ぐにタクシーに乗り込みホテルへ向かいました。

そうで無くても車が多いSingaporeで、夕方のラッシュにも遭遇したような感じでしたが、30分弱くらいのドライブで無事にホテルに到着。前回に続いて、Apple Payで支払おうと思いましたが、ここで失敗。まず最初にApple Payを表示させたときに、国内用にVISAのiDをデフォルトにしていたので、端末が反応しない。ここで、MasterCardに切り替えて支払おうとルスと、指が肌荒れでちゃんと認識されないのか、Touch IDの認証が通りません。仕方が無いので、結局最後はそのMasterCardで直接精算したんですが、うーん肝心なときに使えないのはなぁ... さらにホテルのチェックインでは、二日前に安いレートが出ていたので、自分としてはそちらに切り替えたつもりが、どうも変更が反映されていなくて以前のレートのままらしい。で、ホテルのWi-Fiに繋いで予約を確認しますが、確かに以前のCach&Pointでの予約のままらしい。どうも、予約変更の操作はしたものの、最後まで完了していなかったようです。そんなに大きな違いは無いので良いのだけれど、何かこの日は出国から到着まで、プチトラブルの連続でちょっと疲れました。出、その後は3Fのラウンジに行き、そこでちびちび飲み食いしているうちにお腹も膨れたので、この日はそのままベッドに入り翌日に備えることにしました。(続く...)

0 件のコメント:

コメントを投稿