2016年11月5日

Double Tree by Hilton 那覇首里城

今回初めの宿泊となるDouble Tree by Hilton 那覇首里城。空港に到着して外に出たのが21:30過ぎで、空港からタクシーで直行。途中結構渋滞とかありましたが、細い裏道をくねくね進んだせいか、20分一寸で到着。料金も2020円と予想より安く上がりました。

もともとはホテル日航だったものが、今年ブランドチェンジしたホテル。正直内部の設備の古さは年代を感じさせるけれど、ホテル内に深夜過ぎまでやっているコンビニ(Family Mart)があるし、最上階の20Fにはやはり深夜まで開いているバーがあるので、その点旭橋のDouble Treeよりも良いかも。最もあちらはそれなりに賑やかな場所にあるので、ちょっと外に出ればコンビも飲むところも幾らでもありますが。

朝食はDiamond特典で館内のビュッフェで頂くことに。品数や内容はまずまず。この日は自分には珍しく9:00近くに朝食を取りに出ましたが、ピークタイムを過ぎていたからかちょっとゆったりしていましたが、ピークタイムは相当混雑していたようで、あちこちにまだ片付けられていない食器類が残っていました。ホテルのリッチが、ちょっとした丘の上にあるので、歩いてホテルから移動するのは帰りが大変そう。車が無いと実質タクシーかホテルのシャトルで移動しないといけないので、アクセスの点ではちょっと何ありかも。今回も、最初は旭橋の方を狙ったんですが、こらちのレートの方が安かったのと初めてと言う事で選択してみましたが、次はちょっと微妙かも。修行で利用するにしても、復路の沖縄発のフライトに余裕があるときで無いと、ちょっと厳しいかもしれませんね。

チェックインの時に、予めWeb Check-inでチェックイン済みだったせいか、受付の女性スタッフさんが何か混乱していて、何度も名前を確認されたのはご愛敬。斯く斯く然々で、事前にWeb Check-inして、部屋もxxxx号でしょと説明すると、知らなかったのかビックリしていました。をぃをぃ、社内教育大丈夫か > Hilton。

0 件のコメント:

コメントを投稿