2018年5月2日

NRT-LAX/-SFO/-LAX/-NRT (4) - 出発当日

多分準備万端整えて、出発の朝。夕方の成田発なので、余裕はあるんだけれど移動距離は長いのでそこそこ早い時間帯に自宅を出ないといけない。今回は、浜松-品川の新幹線を、こだま号のグリーン車の早期予約で取り、品川からはN'EXで成田空港へ移動するというパターン。自宅を少し早く出て、10:00少し前に浜松植木に到着するように乗り合いバスを利用したんですが、途中渋滞で浜松駅に到着したのは10:10過ぎ。まずは、駅横の遠鉄デパートの地下で、新幹線で食べるお昼を調達しようとしたんですが、なかなか「これ」という物が無くて、結局時間を費やしただけで、駅構内のパン屋さんでサンドイッチなどを購入。本当は、駅横高架下のビックカメラに行って、iPhone用のケーブルを調達するつもりでしたが、ちょっと時間が足りなさそうなので諦めて駅構内に入りました。

実は新幹線に関しては、私は以前のEX-IC(CFカードでのエクスプレス予約)と、手持ちカードにチャージできる旧Plus-EXの2つを利用していて、以前はモバイルSuicaと共存できるEX-ICをスマホに登録し、共存できなかったPlus-EXは専用カードで利用していました。それが少し前からPlus-EXもスマホ利用が出来るようになり、使用頻度が高いこちらをモバイルSuicaに紐付けして、EX-ICはカード利用に戻しました。今回は、予約はEX-ICで入れていたので、本来ならEX-ICカードで利用するんですが、そうすると乗り継ぎの時が面倒。そこで、前日にスマホのアプリでPlus-EXとEX-ICの登録を入れ替えておきました。でも、実際に駅の改札口で利用確認するまで結構ドキドキするんですよね、事前に確認が出来ないから。

無事に入場出来新幹線で品川駅へ。この日は朝から暑くて、半袖のポロシャツで正解でした。定刻通りに新側駅に到着。浜松駅を少し遅く出発するひかり号だと、品川駅には少し早く到着して、N'EXへの接続時間は17分位あるので、品川駅のecuteでの買い物も出来るんですが、このこだま号だと接続時間が10分。しかも、新幹線を降りてトイレを利用したので、ぎりぎりでは無いけれど、途中立ち寄る時間が無かったのが残念でした。で、定刻通りにN'EXに乗り込みましたが、やはり外国人観光客と思われる人が多いですよね。それに、G.W.だから日本人と思われるスーツケースを持ったグループも多いけれど。成田空港駅に到着すると、そんな人がドットホームに降りてきました。

成田空港は二月のSingapore以来。時間帯がお昼少し過ぎくらいだったのと、G.W.とは言え世間は平日の1日だったからか、予想よりは混雑具合は酷くありませんでした。で、浜松で買えなかったiPhoneのケープルを購入しようと、本当に久しぶりに一タミの北ウイングに入り、LAOXに言ったんですが、予想以上に狭い店舗で、商品選択がOutbound対象の炊飯器とかそんなものばかりで全然品揃えが無い。結局運動をしただけで、そうそうにAMC Diamond用の優先保安検査場を通過して、出国審査も指紋認証でパッと通過して、早めに5サテのANA Suite Loungeに入り、時間を潰すことにしました。丁度これから5サテからの出発便が始まる頃で、入ったときには殆ど人はいませんでしたが、暫くするとぞろぞろとグループで入場してきます。でも、もう少し遅い便だとさらに混雑するんですが、その前にラウンジを出てゲートに向かいました。

ゲートはラウンジを出た先の56番ゲート。既に優先搭乗が始まり、丁度Diamondメンバーの搭乗開始になるところでした。10人位並んでいた列の最後にならば、さて入ろうと思ったらゲート横のANAのスタッフに止められて、「パスポートの裏にシールがあるか」と確認されます。多分事前に搭乗券とパスポートを照らし合わせていたんでしょうね、そこで一寸時間を取られました。その後機内に入り、出発を待ちます。(続く...)

0 件のコメント:

コメントを投稿