2014年10月29日

仕事を邪魔する奴

空転気味の国会。経済対策を最優先に、色々やらなきゃ行けないことが山積しているはずなのに、一番お気楽な野党の民主党は、大臣のスキャンダル追及に余念が無い。それはそれで、真偽を確かめて必要ならばちゃんと責任を取らなきゃ行けないことではあるけれど、そのTPOっていうのもあるはずで、政倫審なりで別にやれば良いことを本会議とか予算委員会で延々追及することが、国民の理恵になるのか? 単に党利党略のためにだけやっていることじゃ無いの?

で、この民主党の女性議員は「口にするのも汚らしい」と追求したわけですが、それなら何で認められて商売しているんだろうか。そりゃぁ誉められたところでは無いかもしれない。でも、場合によっては国会議員の方が「口にするのも汚らわしいことをした」こともあるじゃん(笑)。大体、民主党の元幹事長なんて、以前不倫行為で散々叩かれたわけだけど、あれはいいのか? 攻めることは必要だけど、民主党お得意のブーメランになりそう。

政治資金の話にもしても、企業株の話をするなら、元党首で首相の鳩山氏のブリジストン株はどうなるの。あっ地方は、配当だけて年間何億というお金になるくらいの大株主で、まさしくステークスホルダーなわけです。さらに、外国人献金では前原氏とか、使途不明金では菅直人とか、過去にも色々不明炉運は無しは幾らでもあったわけで、そう言うことを今から掘り返したいのだろうか。いつも思うのだけれど、そう言う問題点を指摘するのは結構だけど、だらだらとそれで時間を浪費するのは止めて欲しい。それこそ、委員長権限、議長権限で、その手の問題提起をされたら、別の審議会なり委員会に直ぐに転送して、本来その委員会議会で話し合われるべき、処理されるべき話題に戻って欲しい。

与党がより良い政策を策定して実行して、国民が豊になり潤うのが本来の姿のはず。野党は、与党の提案の問題点なり過不足を指摘して、より良い政策にしていくのが仕事のはず。どちらも、国民の利益と幸福追求が最大の目的で有り、使命であるはずなのに、それとは関係無い話で延々と相手の失敗を期待するというのは、党利党略の利益追求であって、国民には何の利益にならない。野党時代に散々そう言う批判を受け、与党になって逆に同じ事をやられて苦しみ、そう言うことを分かっているはずなのに、結局それしか対抗する手段が無い野党第一党の惨めさですよね。実現するかどうかは別にして、まだ他の野党のほうが、それなりに政策競争しようという気持ちが少しでも残っている気がする。

例えば目の前で大きな事件や事故が発生しているのに、その近くにいる警官が信号無視とか些細な案件の謙虚に熱心であったら、誰もその警官を誉めないでしょう。物事の優先順位なり、必要性なりをちゃんと判断して仕事をして欲しい。何かの番組で、民主党議員が経産大臣が東電株を保持しているのはけしからんと言ったら、自民党議員がでも貴方たちは東電労組から支援を受けているじゃ無いか切り返してぐうの音も出ない様子だったけれど、自分達の与党時に労働環境も経済も良くならず、自分達が下野したら良くなってきた現実を彼らはどう思っているのか。ほんと、議員だけで無く、本来の自分の仕事を理解してそれを遂行しないで、邪魔とか引っかき回すだけの人間はとっとと退場して欲しい。「無能の働き者」が一番始末に悪いと言うけれど、まさにそれですよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿