2007年12月30日

年末年始特番

年末年始は通常の番組編成とは異なり特別な編成・番組構成になるんですが、毎年の事ながら何か観る前から食傷気味ですねぇ。フットボール(アメリカンフットボール)好きな私としては、多分年末年始は撮り溜めてあるNFLやUSカレッジ、そして国内フットボールのビデオを消化して、この年末やお正月三が日は過ぎそうです。 この手の特番で中心になるのはお笑い系の芸人さんですけど、見事に去年話題になった人・グループは今年は見えませんね(笑)。もっとも、以前の年末特番と言えば、その年に話題になったドラマとか番組をまとめて放送する構成が多かったんですが(勿論、最近もありますけど)、年末・年始向けに番組を作るようになったのは、そういう話題になったドラマや番組の再放送だけでは視聴率をもう一度取るほど視聴者の志向が甘くないからなのかも。 以前から疑問だったのが、年末年始で日本国中帰省で移動している時にそれほど視聴率は取れないだろうと思うんですが、最近はカーナビでも番組が映るしワンセグなんてのも徐々に普及しているし、そういう移動状態で楽しめる番組を作ったら結構視聴率は上がるのかもしれない。1時間とか2時間とかの長い構成ではなく、10分とか15分くらいで一つの番組を構成して、それが続くような感じ。今は、ワンセグは地デジと同じ内容を放送するしか無いんですが、やはり移動しながら視聴している事を前提に番組内容や構成を変えるべきだよなぁ。 今年は、大画面テレビの売り上げが好調でしかもフルハイビジョンのモデルも32型くらいまで落ちてきました。年末年始の時間の空いている時に、名作や大作の映画を途中のCM無しで一気に放送してくれたら、かなり嬉しいかも。もっとも、ずぼらな私は31日の夜まで大掃除や片付け仕事で、まったりと映画なんて鑑賞している暇は無いから宝の持ち腐れになるか...

0 件のコメント:

コメントを投稿